森武道具のこだわり
 商品カテゴリー抗菌防具ムッシュボー
痛くない!楽拳
高級手刺剣道具セット
中高生・一般用剣道具セット
面・甲手
剣道衣
剣道袴
寸法のはかり方
剣道具の各部名称
お手入れ方法


  
森武情報瓦版

2006年09月29日 軽量剣道具

【軽量剣道具】
 あまりに軽い「軽量剣道具」は、布団も薄く・芯材も少なくしています。剣道具は大切な身体を守る「防具」です。使い易さのみの剣道具は、激しい竹刀の打突からの衝撃が強く・痛く、体を痛めてしまっては剣道防具といえるでしょうか。剣道具は、身体の保護と使い良さと動き易さという相反する要求がされています。その要求に応えるための伝統技術に、日夜工夫を重ねているのが「職人の技」と森武道具は考えています。
 弊社では独自に開発した検査機械で、平成11年に全日本剣道連盟の監修のもと業界で決められた剣道具規格を守ると共に一層の研究を続けています。
 森武道具は、厳選された自然素材をもとに、先人より受け継いだ伝統の技法に革新の技術を加えて、より良い安全で、使い易い剣道防具を製作しています。

2006年09月01日 竹刀のはなし

【竹刀のはなし】
 竹刀の竹には、台湾産桂竹と日本産真竹が主に使われています。
 普及品から中・上級品まで、ほとんどの竹刀は桂竹です。桂竹は、堅い・腰の強い材料 ですが、繊維質が太く、脆さがあります。割れるときは太く縦に割れることが多いです から、稽古前のひび割れに特に注意を払い点検してください。
 日本産真竹は繊維質が細く粘り強さも十分に持ち、竹刀の材質として最適ですが、材料 が少なくなり価格も高くなります。
 現在、竹刀はほとんど機械で削られています。炭火で「ため」を入れ、鉋一丁で削る昔 ながらの伝統技術を受け継ぐ職人さんは、全国でも数人が頑張っているのが現状です。
 近い将来、日本伝統の技術で削られる竹刀は姿を消すかもしれません。誠に残念です。

ページ移動

前のページ 次のページ
>